忍者ブログ
はどうのブログです 
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終回。
鬼隠し編第1話を見たときはこんな最終回だとは誰も想像できなかっただろうなあ。
最後に羽入と梨花がカレンダーをめくってお互い笑い合うシーンが良いです、かわいいです。
後半「祭囃子編」を振り返ってみると、ちょっと緊張感が足りなかったような…。原作からいろんなエピソードを削除しちゃってるからだろうか。原作で感じられた躍動感が、アニメでは少ない。
もっともっと、「盛り上がり」が欲しかったです。
でも、面白いストーリー・構成ではあったと思います。
こいつは、原作をやってないかやってるかで感想が大きく分かれる作品なのかなぁ。

ひぐらしのなく頃に3期が決定とな?
待て。内容は何にする気なんだ?
PR
山狗たちと圭一たちの戦いの場は山の中へ。
入江診療所、地下に広い組織としてのスペースがある。ここで思ったんだが、昭和53年にカードキーシステムがあるのか
圭一の鶏の首を絞めたような泣き声ってなんやー
山狗たちがトラップに引っかかってるシーンがギャグにしか見えない件について。山狗もうちょっと頑張ろう。
富竹が捕まったことを知り、赤坂に電話して車で逃げる入江。だが銃弾を撃たれ入江はケガ。そこに助け舟が来る。詩音と葛西。ナイスタイミング。
山狗たちに縛られてる富竹、これなんてSMプレイ?
園崎家の洞窟に立ちこもるも、山狗たちに見つかる梨花たち。梨花自ら赴き出る!!
そこで赤坂「君を助けに来た!」
かっこよすぎるんだが。山狗を蹴散らす赤坂が格ゲーみたいだ。
こっからが益々面白くなるんだな~
「梨花死んだ」作戦を夜明けに開始。
なんで三四は裸で寝てるんだ。
圭一たちの意図通り、梨花死亡の報告に焦る三四たち。
三四は野村に「この雛見沢症候群のことなんて妄想だったのですか」的なことで罵倒される。そのときの野村の口調は、まさに銀様。
大高君の攻めを跳ね返す大石かっけぇえええ!!!
あら、ラストは山狗に囲まれる富竹。それでも突っ込んでいく富竹かっこいいな
ロリ坂、じゃなくて赤坂が雛見沢に戻ってくるぞ。
梨花、全ての事実を圭一たちに話す。圭一たちそのことを即信じる。いい奴らだなあ…仲間の言うことをすぐに信じることが出来るってのは。
赤坂は梨花ちゃんハウスに張り込み、梨花たちは園崎家に。
なるほどね。「梨花は既に死んで48時間経っている」作戦を企てる魅音たち。こうすると、34号文書の意味なくなり、緊急マニュアルも発動されなくなる。これはおもしろい。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/13 よーかん@朴念仁]
[01/13 はどう]
[01/13 眞碁禄]
[01/13 ロルカ]
[01/13 はどう]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]